人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ゴールデンリトリーバーが赤ちゃんを噛んだ事件について

 今月9日に、東京都八王子市の民家で、生後10か月の赤ちゃんがゴールデンレトリバーに噛まれたとの119番通報がありました。
 救急隊が駆けつけたところ、赤ちゃんは、頭から血を流しており、約2時間後に死亡したということです。赤ちゃんは、ハイハイを始めたばかりだったということです。

 私は、盲導犬の育成募金活動をしておりますので、このニュースは非常にショックでした。
 そして、あの大人しい、人間が大好きなゴールデンレトリバーが、果たして赤ちゃんを噛み殺すようなことをするのだろうかという疑問があり、その疑問がずっと頭から離れませんでした。
 そして、3月20日、日本盲導犬協会と、東京虎ノ門ライオンズクラブが共催で、東京ビッグサイトで、盲導犬育成募金活動をしたとき、多くの盲導犬と、訓練師の方がいらっしゃったので、訓練師の方に聞いてみました。
 私    「先日、ゴールデンレトリバーが赤ちゃんをかみ殺した事件がありましたね。あんなことは、あり得るのでしょうか」
訓練師 「私にも信じられません。ゴールデンレトリバーは、非常に大人しく、人間に従順ですので……。私の想像ですが、赤ちゃんが危ないと思って、咄嗟に首を咥えたのではないでしょうか。ゴールデンレトリバーのような犬種は、子供の首を咥えて運びますので……。」

 なるほどクロネコ大和のロゴにもありますように、猫も犬も子供の首を咥えて運びます。私は、犬も猫も飼いましたが首筋は全然痛くないようです。

 私は、「そうだったのか。赤ちゃんがハイハイをしてゴールデンレトリバーに近づいたので、『危ないよ』ということで、思わず首筋を咥えたのかも知れません。お祖母さんが、『だめ、放しなさい』と言ったら、すぐに放したそうですもの」と思いました。
 そして、その話を聞いて、正直ほっとしたのを覚えております。

    弁護士法人銀座ファースト法律事務所 弁護士 田中 清

 
ゴールデンリトリーバーが赤ちゃんを噛んだ事件について_d0254535_15353360.jpg

by lawyer-tkg | 2017-03-26 15:35

銀座ファースト法律事務所の弁護士(弁護士田中清、弁護士若林諒、弁護士青木丈介、弁護士土屋賢司、弁護士小谷健太郎)が日々の業務を通じての雑感や法律トピックス等について、自由気ままに綴っていきます。


by 銀座ファースト法律事務所