人気ブログランキング | 話題のタグを見る

高畑裕太さんの強姦致傷事件について その1

 俳優の高畑裕太さんが、宿泊先のホテルの従業員の女性に、深夜2時ころ、「歯ブラシを持ってきてほしい」旨電話を掛け、持ってきた女性従業員を、自室に連れ込んで性的な暴行をしたという容疑で、強姦致傷罪により逮捕勾留されました。
 テレビは、この話題で持ちきりであり、母親の高畑淳子さんが涙の謝罪会見をして話題になりました。
 強姦致傷罪は、法定刑が無期懲役又は懲役5年以上の有期懲役と定められています(刑法181条2項)。 有期懲役は、1月以上20年以下と定められていますので、無期懲役又は懲役5年以上20年以下となります。
 選択刑として死刑がないことを除けば、殺人罪や人が住む家の放火罪と同じ刑です。この刑期が引き上げられたのは、平成16年からで、それまでは、最低刑は、3年と定められていました。
 若い人は、こんなにも、殺人や放火と同じような重い罪であることを知らずに、罪を犯す場合が多いのです。だからこそ、強姦罪や強姦致傷罪については、20代や少年の人たちが犯す場合が圧倒的に多く、それだけに、家庭内での教育・指導が求められます。しかし、罪の内容が内容だけに、教育も難しいと思います。
 高畑被疑者も、こんなに重い罪だったとは、全く思わなかったのではないでしょうか。

 この罪は、姦淫が既遂の時だけ成立するものではなく、姦淫が未遂の場合も成立します。
 そして、この罪は、負傷していることが要件ですが、がすり傷程度でも、強姦致傷罪は、成立します。そして、強姦罪は、親告罪(被害者の告訴がなければ起訴ができない罪)ですが、強姦致傷罪は、親告罪ではないのです。
 したがって、検察官は、致傷があれば、告訴の有無にかかわらず、起訴をすることができるのです。

 この事件が、実刑か、執行猶予かを分ける事情は次のとおりです。
①負傷の程度
②姦淫が未遂か否か
③計画性があるか否か
④示談成立の有無
⑤被害感情
⑥被害者側の過失
⑦前科前歴の有無
⑧再犯の可能性
⑨その他、被告人の年齢、成育歴などの一切の事情
⑩その他、被害者側の一切の事情

 今、思いつくだけで以上のようなことを考慮して、被告人を実刑にすべきかどうかを決めていきます。
 本件は、裁判員裁判になりますので、弁護人として裁判員にどのように被告人に有利な情状を訴えるかが弁護のポイントとなるでしょう。

弁護士法人銀座ファースト法律事務所 弁護士 田中 清
by lawyer-tkg | 2016-09-04 12:42

銀座ファースト法律事務所の弁護士(弁護士田中清、弁護士若林諒、弁護士青木丈介、弁護士土屋賢司、弁護士小谷健太郎)が日々の業務を通じての雑感や法律トピックス等について、自由気ままに綴っていきます。


by 銀座ファースト法律事務所